小椋造園植物
庭師である施主さんが基礎の配筋から仕上工事まで、ほぼセルフビルドでつくりあげた小さな小さな事務所。三角状のとても細長い敷地に駐車スペースと建物を配置すると6畳を確保するのが目一杯な条件でも、トイレ、ミニキッチン、ワークデスクに打合せスペース、収納スペースまで完備しています。手に入れやすい材料、簡単な工法を意識しながら、施主さんと一緒に考えつくった「木の小屋」は、月日と共にイイ雰囲気に変化していっています。

HP:http://zooen-shokubutsu.com/

天井:ラワン合板貼り
壁:シラス壁 コテ仕上
床:モルタル コテ仕上





場所:岐阜県各務原市
工事:新築

用途:事務所

建物:木造

面積:10.3平米 (3.1.坪)

期間:8ヶ月 (設計+工事)

竣工:2012年11月









プレゼンのときのスケッチと模型















工事中の写真










雑記からのピックアップ

完了検査終了  - 2012.11.27
施主さん自らが施工して新築していた小椋造園植物さんのオフィス(通称:木の小屋)。昨日、ようやく役所の完了検査をクリアし、無事完成しました。とはいっても、外構や看板はまだまだ未施工、デスクや照明などの備品類もこれからで、窓には養生シートがかかったままなので、本当の完成はまだ先です。素朴で暖かみがある「木サッシ」や「垂木を見せた木の天井」がとてもいい雰囲気。壁はシラス壁を採用しています。外壁の木がグレーになって植物がもしゃもしゃになる頃 (1〜2年後)、改めて写真撮影をして紹介します。

木の小屋  - 2012.10.20
岐阜方面の仕事の時に庭や植物の事をお願いしている小椋造園植物さん。現在、その小椋さんのオフィスを新築しており、設計で関わらせてもらっています。このオフィス、新築なのになんと施主さん自らが作っているというレア物件。いい具合で手づくりの良さが感じられる建物へと仕上がりつつあります。写真は入口付近の写真。素朴な小屋になりそうです。







> 一覧に戻る