和食のくれよし
築50年ほどの建物を改装してつくった和食やさん。 建て替えの度に再利用されてきたという歴史を感じさせる「柱や梁」や、薬局だった頃に使われていた「薬箱」、施主さんの住宅で使われていた「古建具」などをポイントで利用した、新旧のバランスがおもしろい懐かしい感じの空間ができました。 壁の左官は素人が施工し、きれいすぎないラフな感じにており、他の要素もキッチリしすぎて緊張感が生まれないよう、ラフな感じを大切にしました。小物(メニュー札や掛け時計、フックやハンガーなど) もお店のイメージに合わせてつくっています。

椅子とテーブル:kataha



   改装前
   改装後



場所:愛知県名古屋市
工事:新装 (リノベーション) ※耐震補強含む

用途:旧) 事務所 新) 和食やさん

建物:木造

面積:49.4平米 (15坪)

期間:3.5 + 1.5 = 5ヶ月 (設計+工事)

竣工:2010年06月









プレゼンのときの模型とパース










改装前 (事務所) の様子



工事中の様子









お知らせと雑記からのピックアップ
撮影  - 2010.06.03
工事が終わった「和食のくれよし」をカメラマンさんに撮影してもらいました。プロ撮影の写真は後日「仕事」のページで紹介しますが、合間に自分で撮った写真を紹介します。ヘタクソが撮ると、250枚くらい撮っても使える写真が20枚弱。。。

和食のくれよし - 2010.05.24
築50年ほどの建物を改装してつくった和食やさん「和食のくれよし」が 6/15(火) にオープンします。
建物を建て替えた時に再利用したという歴史を感じさせる「柱や梁」、薬局だった頃に使われていた「薬箱」、施主さんの住宅で使われていた「古建具」などをポイントで利用した、新旧のバランスがおもしろい懐かしい感じの空間ができあがりました。
テーブルや椅子はすべてkatahaさんがこの店の為にデザイン・製作し、kitokaはそれ以外の設計から小物のデザインまで(ハンガーやフック、棚受け、掛け時計、メニュー札なども) を担当しています。
店主さんがつくるおいしい和食とお酒が楽しめる14席の小さなお店。お近くにお寄りの際には是非足を運んでみて下さい。

和食のくれよし
住所:愛知県名古屋市中村区太閤2-12-11 (名古屋駅新幹線口から徒歩15分)
tel:052-451-0425
営業:平日 17:00 〜 22:00  日・祝日 16:30 〜 21:00
定休日:水・祝日の翌日

注) メニュー札の値段部分は、取り替え式につくっているので写真の値段はデタラメです。

はじめての左官  - 2010.05.15
工事中の和食やさん。壁の表情を「素人がやったような荒っぽくラフな左官仕上」にしたかったので、katahaの2人を交えた素人3人で挑んでみました。職人さんが道具を貸してくれたり、コツを教えてくれたおかげでなんとか完成。柱や梁との相性バツグンな壁が出来上がりました。一番右の写真はトイレに使う建具とタイル。建具はこの建物で昔使われていたものを再利用します。

リノベーション  - 2010.04.19
先週から和食やさんのリノベーションがスタートしました。リノベーションって最近よく使われてる言葉だけど、たぶん「改装工事」の事を今っぽく言っただけの言葉で、「スパッツ」の事をおしゃれさんが「レギンス」と言うのと同じ感覚かと思うのですが、、、そんな事はさておき、戦後まもなく建てられたらしい古い木造の建物。薬屋さんから不動産事務所を経て「和食やさん」へと生まれ変わります。解体すると、ごっつい梁が現れてイイ感じ。壁もクロスとボードをめくると「土壁」が現れ、その下には昔ながらの「竹小舞」が。法律の関係上この土壁は隠さないといけないのですが、おもしろくなってきました。

和食やさん  - 2010.02.06
katahaさんからの紹介で一緒に「和食やさん」の設計をしています。(築50年くらいの木造住宅のリノベーション)なので、お店の椅子やテーブルなどすべての家具がオリジナルになる予定。プレゼンでは家具デザイナーさんが椅子やテーブルの模型を作ってきてくれるので、負けじと1/30スケールの空間模型で応戦。なんだかいい雰囲気のお店ができそう。







> 一覧に戻る