インスタグラム

古寺 - 2021.10.08


きとか設計で椿好日さん(2枚目)に小屋をつくってもらってます。石をならべて基礎などを作り、三和土で仕上げる昔ながらの手法。建物はこの上にただ載るだけ? の某物置メーカー的で移動可能な自由な感じ(昔の建物では普通の工法)。「古寺みたい !」と面白がって工事してくれているのがとても嬉しく、挑戦や発見、勉強満載な楽しい案件です。

栗拾い - 2021.09.26


事務所の裏山で栗拾い。渋皮漬け、栗きんとん、栗ごはん。まだまだ採れるから栗仕事が忙しい。稲も順調に穂が垂れてます。紫の穂は緑米(餅米)。餅つきできるといいなー。

カモシカ - 2021.09.23


近所の茶屋の崖の上にカモシカ。大丈夫だよ。と言っているような落ち着いた素振りについつい近づきまくり撮影。神秘的な空気感。山の神に遭遇したような気持ち。人生初カモシカ。

節句 - 2021.09.11


一昨日のこと。9月9日は重陽の節句だよ!と友人から誘われ、日本酒を酌み交わす。急で菊がなかったので、近所でキク科のカレンデュラを摘んで浮かべて邪気払い。

大工工事 - 2021.09.02


大工工事中の「大森の家」の様子。打ち合わせ時のスケッチ通り?な順調さ。合板を使わずの無垢材まるけな住宅です。

花見 - 2021.08.25


花見中のカエル? 予定通り盆過ぎに稲が開花しました。このまま順調に育てば10月下旬に稲刈りです。

あずき - 2021.08.18


何度かトライしては上手く育てられなかった小豆。別の畑で育ててみたら、ようやくまともに獲れました。小豆色が妖艶で美しい。

2年4ヶ月 - 2021.08.10




竣工から2年4ヶ月経った「朝日の家」の様子。木の色合いが濃くなって、色々と馴染んできました。施主さんがセンスよく味付けしながら暮らしてくれているのが嬉しい。

丸太 - 2021.08.03




計画中の大森の家では地松の丸太が組まれました。迫力の地松さま。手を合わせて拝みたくなる存在。

- 2021.07.28


近所の川に涼を求めて。。。

- 2021.07.20


梅雨が明け、ガッと晴れたのでパッと干す。恒例となった梅雨明けイベント。

アドバイスとコーディネート - 2021.07.08


オフィス新築工事の設計アドバイスとインテリアコーディネートで1年半携わらせてもらった業務が今月ついに竣工。来たる内覧会に向け、備品や小物をコーディネート中です。今時のオフィスはおしゃれですねぇ。こんな職場で働ける社員さんが羨ましい。。。
まだエアコンルーバーなどが未設置な写真を1枚紹介。

田植祭 続き - 2021.07.01

                                         

  
週末行われた田植祭の様子(続き)。太鼓のリズムで楽しく田植え。お腹が減ったらたこ焼きほうばり、早乙女着物で植える姿も。初めての試みで企画や準備が大変だったけど、来年もまたやりたいと思ってます。
撮影:東畑賢治
和太鼓演奏家:青木崇晃  https://wadaiko-aoki.com
キッチンカー:米粉のたこ焼き ひよも  https://hiyomo.jimdofree.com

田植祭 - 2021.06.29


週末行われた田植えの様子(植え始めの1コマ)。今年はカメラマンに田植え風景を撮ってもらう為か、早乙女着物で作業する女子が2名現る。和太鼓演奏やキッチンカーでのたこ焼き販売もあり、楽しい1日となりました。

完熟梅の - 2021.05.30

 
頂いた完熟梅。ほとんどの仕込みをかき氷用シロップへと使い、残った少しを梅干しに。色がきれいで美味しそう。

ダブルイン - 2021.05.24

 
庭に設置した2つの巣箱。なんと両方にシジュウカラ IN!! 今年も無事ヒナが巣立ちますように。

太鼓梁 - 2021.05.20


計画中の大森の家で要になる地松の太鼓梁4本。この加工方法について監督さん、大工さん、製材屋さんとマニアックな打ち合わせをしてきました。再来月にはこの丸太が現場に登場予定。推定50代の地松おじさん、よろしくお願いします。

種降ろし - 2021.05.07




年々上達している稲作用の種降ろし。丁寧に整えた苗代に種籾を並べ、土、草を被せていきます。苗半作(はえはんさく)という言葉があるように、稲作の半分がこの苗づくりで決まってしまうという大事な工程。約50日後の田植えに向け、2021年の田んぼの活動「田カラ暮ラシ」が本格始動です。

本伏せ - 2021.05.05


椎茸となめこの本伏せ完了。椎茸の味はスーパーのものと別次元の美味しさだったが、初挑戦のなめこは如何に。。。収穫が待ち遠しい。

小屋建方 - 2021.04.28




昨年10月から通っている「地球のしごと大學」伝統構法建築学部の最終講義(建方)の様子。地形を最小限しかいじらず建てる小屋づくりなので、斜面地でのスリリングな建方になりました。手で刻んだ材料を番付け通りに組み合わせては、込み栓で止める作業の繰り返し。外壁や窓などは未完成に終わりましたが、小屋が一つ建つだけで山の景色が一変しました。ひとつの技術を得られたこと以上に、ここでのよき出会いが何よりの宝物。

山からの恵み - 2021.04.15




ご近所さんから近くで獲れた鹿の背ロースを頂いたので、ローストジビエにしてBBQで頂く。
裏の柿の木の新芽も美味しそうだし、コゴミも我が家へやってきた。タケノコも沢山捕れ始めたので、野草を摘んできて天ぷら屋さんでもしようかな。

大正の建築 - 2021.04.08




一宮尾西歴史民俗資料館(別館)を訪れてきました。素材や空間のバランス、遊び心、職人の技。古きものから得るものは多い。

菌打ち - 2021.03.30


3月頭に行ったしいたけ、なめこの菌打ちイベントの様子。穴開けて、菌入れて、ハンマーで打ち込む。
3歳児から40代までが一緒に作業できる楽しい作業。食べるのが楽しみなのは大人だけ。。。。

素材の力 - 2021.03.16




椿好日さんが設計・施工で手がけた住宅を見学させてもらいました。
循環できる自然素材が持つ力は、人に安心感と心地よさを与えてくれる。

祈年祭 - 2021.03.02


田んぼの活動「田カラ暮ラシ」の一部メンバーを集めて祈年祭をやってみました。いつも遊ばせてもらっている山への感謝と、豊作を願った超個人的な略式神事。今年蒔く種籾もお供えでき、祝詞が山に響き渡っていました。

裏山散歩 - 2021.02.24




今年も無事に味噌仕込みが完了。来年こそは自前の大豆で仕込めるよう畑の計画を考える。
写真は裏山を散歩した時のもの。自然が作り出す美しさ。

新しい田んぼ - 2021.02.16


1月末に撮影した今年から始める田んぼの様子。これぞ中山間地!という法面の量。獣害対策や山の整備に集まる大人達を横目に、子供達はこの法面を何十周と駆け回ったり、竹で弓矢を作って飛ばし合ったり、山の中を探検したり、たき火をしたりと楽しそう。「田カラ暮ラシ」と命名した10数家族で行う田んぼの活動。ここで楽しい企画を沢山やっていきたいと思っています。

新築住宅計画中 - 2021.01.26




4人家族とインコ2羽が暮らす小さめな平屋の住宅 (約25坪) を計画中です。格好いい!住宅にならないよう、暮らしよく素朴でセンスよくを目指して現在進行中。

醤油搾り - 2021.01.22


3年目の醤油搾り。今年は特別美味しくできた気がします。餅やおにぎりを焼き、流れ落ちる搾りたて生醤油にくぐらせて食べる年一度の幸せ。

農舞台と和太鼓 - 2021.01.13


近所の農舞台で行われたプロの和太鼓奏者さん(ご近所さん)の取材の様子を見に行ってきました。迫力ある伝統的な空間から奏でられる和太鼓の響き。冷気を震わすその迫力に、人知を超えるものを感じました。

杉と桧 - 2021.01.08


製材した板の状態での判別はできても、山にある姿での判別は葉っぱを見ないと分からなかった杉と桧。最近ようやく樹皮をみて分かるようになりました。少しずつでも山の事も勉強していきたい。

2021 - 2021.01.03


新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
写真は年末に訪れた山奥に佇む陶芸家親子の自宅写真。刺激満載の空間に、もっと自身を高める必要性を感じました。

皮 - 2020.12.22


檜皮葺きの庇にうっとり。しかも石置きでコケ生えときた。壁には杉皮(檜皮も混在)。友人宅の素敵な小屋の一部。

冬きとか - 2020.12.16


起きると一面雪景色。冬山がきれいすぎて、ついつい寝間着のまま外へ出掛けて撮影。

おでんいちご - 2020.12.08




薪ストーブで何かを温めたくなる季節。冬いちごの採取&ジャムづくりにも熱が入ります。

勉強 - 2020.11.23






10月から通っている「地球のしごと大學」伝統構法建築学部の4、5回目の講義の様子。地形を最小限しかいじらず建てる小屋づくりなので、人力でできる範囲でしか地ならしは行いません。チェンソーで尖らせて表面を焼いた丸太杭を打ち込み、切り株も基礎として利用しちゃいます。今回の講義で部材の墨付け6〜7割くらいまでが完了し、次回は手刻み加工へと工程は進む。。。

稲摘み - 2020.11.23




庭木が紅葉したり、朝霧が覆ったりする気持ちのいい季節の中、稲刈りではなく稲摘みを行いました。暑さで受粉がうまくいかず中身が空っぽだった稲。でも後から出てきた穂にはしっかり実が入っていたので、それを選んで摘み取る作業という前代未聞?の方法で収穫しました。去年の1割にも満たない収量になりそうですが、いつも以上に感謝しながら頂きたいと思っています

PEACE OF MIND 3年半 - 2020.11.16




竣工から約3年半が経ったPEACE OF MINDさんの撮影を行いました。カメラマンの邪魔にならないよう撮りまくった写真の一部を紹介。近日中に「店舗とか」のページにて紹介する予定です。

焼き芋 - 2020.11.13


この時期の薪ストーブは朝晩限定使用なので、熾火(おきび)になるとよく芋を投入します。今年育てていた紅はるかはイノシシ達にキレイさっぱり食べられてしまったので、芋は頂きもの。

お湯富豪 - 2020.11.12
朝晩の薪ストーブ稼働率が上がると、お湯のストックが豊富になってくる我が家。ポットと水筒で約5Lを常備できます。なので電気ポットを備える必要はなく(電気代節約)、料理や洗い物でも活躍してくれてガス代も浮き嬉しい日々。もっと大量にストックしてお風呂にも使ってやろうかと思ったり。。。

ヘクソリース - 2020.11.06
勝手に生えて色々な植物に絡まってやっかいなヘクソカズラ。けどリースにすると愛らしい。


またまた撮影会 - 2020.10.27
工務店さん主催の竣工写真撮影会に同行し、カメラマンの邪魔にならないよう撮った写真を少し紹介。久しぶりに設計した美容室 (新築)。店主さんと一緒に探した家具や照明に素敵なアレンジが加わり、いい空間に仕上がっていました。



粋麺屋 - 2020.10.14
きとかでお手伝いさせてもらった、昼は「うなぎ屋」さん、夜は和食の「粋季」さんへと名前を変えて営業中のお店が、水曜と日曜夜限定でラーメン屋の「粋麺屋」さんを始めたと聞き、早速食べにいってきました。無化学調味料で出汁の旨味勝負の上品なラーメンで、冷めてくるとより汁の美味しさが際立ち、最後の一滴まで飲み干してしまいました。他にもお客さんがいた為、内観写真は撮れず。。。 詳しくはコチラまで。

無念 - 2020.10.03
山は栗シーズン真っ最中!ですが、7月の長雨の影響か、8月の猛暑の影響か今年の栗はイマイチ美味しくない。稲も半端なく太く背丈1m超えで立派に育ってくれたのに、猛暑と開花が重なると起こる「高温不稔」が原因なのか、受粉がうまくいかず穂の中はすべて空っぽペッチャペチャ。。。残念無念の中、下の方からは新たな穂が生えてきており、子孫を残そうとしてくれているのが逞しい。



撮影会 - 2020.09.20
工務店さん主催の竣工写真撮影会に同行し、邪魔にならないよう撮った写真を少し紹介。きとか主催の撮影会は、できてから2,3年以上経って施主さんが住み慣れてきた頃に行う予定。



たたみとのたたかい - 2020.09.16
今年の5月下旬の事。石膏ボードや合板を使っていない、自然素材満載の我が家の和室の畳からなんとカビ臭発生。表裏オール稲藁(無農薬)でつくってもらった貴重な畳なのでなんとかしたい!と、昼間は畳を外へ運んで天日干し&畳防カビ剤スプレー噴霧。夜間は夜露を吸ってしまうので家に取り込み、、、を繰り返すがカビ臭はまったく取れないどころか、日に当てれば当てる程、カビ達が喜び増幅している気も。。。
数日後、諦め半分で軒下の雨が当たらない日陰に放置&たまにスプレーに切替え約10日。(夜間の取り込みも中止)するとビックリ。なんとカビ臭が消えました。理屈はよく分からないけど、ラッキーラッキー、また使えます。
後から考えてみると、面倒で布団の上げ下げを毎日しなくなっていた怠慢と、湿度が高い時期に畳部屋に扇風機を回しておかなかった事がカビの原因だったと思い、それ以降は毎日布団を上げ(可能な限り干す)、部屋の掃除&扇風機を回していたら、今年の長雨も夏のジメジメや台風も乗り切り、絶好調な感じで過ごせています。
丁寧に大切に使う心を忘れていた事に猛省した5月の出来事を、忘れない為に綴っておくのと、畳は半畳サイズが運びやすくていいよ、、という面倒くさがり屋からのアドバイス。

オープンできそう - 2020.09.10
自宅一部を改装中の「atelier HYGGE」さん。オープンできそうなくらい内装が完成してきました。残りは外構と庭、トイレを残すのみ。店主さん知り合いの元大工さんが週1日+夜間工事で、コツコツ丁寧に作りあげてくれました。グレー壁の中にシックなピンクが映える大人な雰囲気のカフェ&料理教室になりそうです。



ストーブ掃除 - 2020.09.10


2ヶ月後にはシーズン到来の薪ストーブ。2ヶ月以上も先延ばしにしていた掃除が8月末にようやく完了。錆もとれてピカピカに生まれ変わり、しばらくはオブジェとしてインテリアを彩ってもらいます。

ロゴとショップカード - 2020.09.04


お店の設計と合わせて作らせてもらった「atelierHYGGE」さんのロゴとショップカード。お店の完成よりも先に納品完了です。

椿好日 - 2020.09.01


久しぶりに訪れた椿好日さん。豊かな自然に溶け込む彼らの自邸は、行く度に変化、拡張をしており、これからの計画を聞いているだけでワクワクします。今回は薪風呂まで入らせてもらい、家族みんなで堪能させてもらいました。

夏きとか - 2020.08.19


夏のきとか外観とインテリアの一コマ。アスファルトが少ない田舎でも堪え難い酷暑に、昼間は緊急用に設置しておいた6畳エアコンを稼働せざるを得ない日々。

稲太い - 2020.08.11


随分と長い間、暮らしを置き去りにして色々バタバタしていましたが、田んぼの稲はいつもと同じようにしっかり育ってくれています。間隔を広く植えているからか、我が家の稲は太くて逞しい気が。。。あまり出掛けられない息子達は、サツマイモ畑の脇を流れる小川が遊び場。親は草取り。

田植え - 2020.06.18


週末田植えを行いました。今年は田んぼサークルのメンバーのみでしっぽりと。けど、鴨のたまご?が発見された時にはみんなで大はしゃぎ!今年も無事に育ってくれて、秋にはワイワイと収穫祭ができたらなぁ。。。と。

ロゴとショップカード - 2020.06.08
改装中のカフェの店主さんよりご依頼があり、只今ロゴとショップカードを製作中です。どんな色がいいのかなぁ、、、と、最後のツメの段階です。

竣工間近 - 2020.06.08
竣工間近の美容室の様子。受付家具は店主さんと一緒に1年ほど探し続けて見つけたアンティークの一品もの。ポイントで使ったタイルはいい味付けになっています。大きな植栽も雰囲気をつくり、オープンに向けてただいま準備中。



看板と植栽 - 2020.05.26
計画中の美容室の看板が取付られました。ロゴデザインをしてくれたmaon designさんも位置の確認に立ち会ってくれ、みんなに見守られながらのお披露目です。建具も植栽も整い始め、竣工が近づいています。

販売再開 - 2020.05.17
販売を休止していた掛け時計の販売を再開致します。今回から写真にてベース盤を選べるようにしましたので、右の写真をクリックしてご確認下さい。よろしくお願いします。

よもぎこごみたけのこ - 2020.04.21


草刈りシーズンが始まったので急いでよもぎを採りにいく。ホットケーキや団子に入れても美味しいけれど、冷凍保存し年末によもぎ餅をつくのが一番の楽しみ。こごみもたけのこも全盛期到来で、例年以上に田舎暮らしのありがたみを感じる日々。

山からの恵み - 2020.04.12


子供と散歩をしていると山の麓から近所のおばあさんの呼ぶ声が。「クワ持っておいでー」。それだけでピンとくる我が子。すぐに準備して駆けつけ、掘り出した今年初のタケノコ。山からのお恵み。自然に感謝し、守り続けることを今こそみんなで考えたい。

土壁 - 2020.04.10


内装の仕上工事が始まった「高浜の家」。一面だけ仕上げられた左官壁 (土に石灰と藁スサ、麻スサを調合) に光が差し込んでいい雰囲気。写真では天然素材の良さが伝わらないのが残念すぎです。この日は桧と杉で作られたキッチンの取付も始まり、完成へのカウントダウンがスタートです。

素材が一番 - 2020.03.26


引渡しに向け、床の養生が取れて全貌が見えてきた「岐阜の家」。床は無垢フローリングとタイルを採用し、壁は天然素材の左官仕上。写真では分かりませんが、やっぱり素材は大事です。家にお金をかけるなら素材が一番!家具も建具もすべて無垢。ベニヤや集成材、貼りものも一切無し。本物って気持ちいい!

ラストスパート - 2020.03.06


先週のこと。ラストスパート中の飲食店Uの工事の様子。一部、オープンに間に合わない椅子やテーブルがあり、仮の家具でのスタートになりそうですが、長い目で考えてくれたオーナーさんのこだわりが注目のお店です。

切干大根 - 2020.03.06


冬の定番、切干大根。保存食をつくるのも楽しい事だけど、実は並べた時の美しさが好きだったり。この模様で手ぬぐいとかを作ったら面白そう。。。写真:荻野哲生 提供:豊田市デイズ

豊田市デイズ - 2020.02.28


3月初旬発売の「豊田市デイズ vol.2」にて、きとかの事を紹介して頂けます。息子くん達も写るこの写真が表紙に使われます。楽しみすぎ。。。 写真:荻野哲生 提供:豊田市デイズ

モールディング - 2020.02.17


計画中の「岐阜の家」の廻り縁。施主さんの希望もあって初めてモールディングを採用しました。モールディングの材料にはよく新建材が使われるので採用を躊躇していましたが、天然木のシンプルなものを使えば結構いけます。施主さんと一緒に考えることで生み出されたデザイン。この住宅の見所のひとつです。

竹づくし - 2020.02.06




先日近所で行われた里山整備イベント。整備で切りまくった竹で色々と遊ばせてもらいました。一人でやるとめげそうな作業も、みんなでやれば楽しく継続できる。田舎暮らしを楽しむお手本のようなイベントでした。

冬の渓谷 - 2020.01.29


夏によく川遊びにいく近所の王滝渓谷。天気がよかったのでハイキングしに行ってみると、夏とは違った景色が広がり気分一新。

原寸検証 - 2020.01.18


計画中の「岐阜の家」の建具の原寸検証。図面で描くのは簡単だけど、作るのは大変な作業。向き合って色々と考えてくれる職人の皆さんに感謝です。

大改装中 - 2020.01.17


大改装中の飲食店「U」の様子。左から工事前、解体後、完成イメージ。

家具選び - 2020.01.09


計画中の「高浜の家」と「K不動産」の施主さん達の家具選びに同行してきました。質のいい古家具を見つけることができ大満足。。。ですが、まだまだ続く家具探しの旅。次なる狙いは、食器棚とTVボード。